どうぶつさんと飼い主さんのマッチングサイト ハローべいびぃ

全国のペットショップで待っているかわいい
ワンちゃん・ネコちゃんをお探しいたします。

地域をお選びください。

北海道・東北エリア
  • 北海道
  • 青森県
  • 岩手県
  • 宮城県
  • 秋田県
  • 山形県
  • 福島県
関東エリア
  • 茨城県
  • 栃木県
  • 群馬県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
北陸・甲信越エリア
  • 新潟県
  • 富山県
  • 石川県
  • 福井県
  • 山梨県
  • 長野県
東海エリア
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 三重県
関西エリア
  • 滋賀県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 奈良県
  • 和歌山県
中国エリア
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県
四国エリア
  • 徳島県
  • 香川県
  • 愛媛県
  • 高知県
九州・沖縄エリア
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
  • 沖縄県

選択した地域を設定する

閉じる

遺伝子検査マークについて

ジネッテチェック

このマークは遺伝子検査を実施した
ワンちゃん、ネコちゃんに表示しています。

遺伝子検査とは
遺伝子検査とは、特定の遺伝子(DNA)の状態により発症する疾患の有無を遺伝子コード(塩基配列)を読み解き判断するもので、犬種・猫種ごとに発症する遺伝子疾患は異なります。上記のマークのついたワンちゃん、ネコちゃんは、親またはその子自身が以下の「遺伝子検査種類」に記載のいずれかの検査を実施しており、検査の種類および結果は詳細ページに記載しています。
遺伝子検査結果について
生命の設計図である遺伝子に異常が生じることで起こる疾患を遺伝病と言います。
親から子に異常な遺伝子が伝わる(遺伝する)場合と、産まれる時に突然異常が生じる場合があります。原因となる遺伝子に異常が生じることで発症のリスクは高まりますが、必ずしも発症するとは限りません。

遺伝子検査を受けた生体は、クリア、キャリア、アフェクテッドに分類されます。
クリア
検査対象遺伝子に変異がない場合
キャリア
検査対象遺伝子の一方に変異がある場合
アフェクテッド
検査対象遺伝子に変異がある場合
遺伝子検査種類
  • 変性性脊髄症(DM)

    脊髄に異常があらわれることで、後ろ足をすって歩く、腰がふらつく等の麻痺症状が見られます。痛みはありません。病気が進行すると、後ろ足だけでなく前足にも麻痺症状があらわれ、次第にトイレ・呼吸・食事が難しくなり、最終的には死に至ります。多くは10~12歳頃に症状が出始め、3年くらいかけてゆっくり進行します。

    対象犬種:トイ・プードル、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、ラブラドール・レトリーバー、ミニチュア・シュナウザー、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、ビーグル、ゴールデン・レトリーバー、パグ、フレンチ・ブルドッグ、ミニチュア・ピンシャー、アメリカン・コッカー・スパニエル、ジャック・ラッセル・テリア、ボーダー・コリー、ブルドッグ、ジャーマン・シェパード、ボクサー、ウェルシュ・コーギー・カーディガン、オールド・イングリッシュ・シープドッグ、オーストラリアン・シェパード、プードル(スタンダード)、プードル(ミニチュア)、ミックス

  • GM1ガングリオシドーシス

    通常では代謝されるGM1ガングリオシドという物質が脳などに蓄積し、麻痺、異常行動、起立不能、視覚障害等が起こります。早ければ生後数ヶ月で症状が出始め、多くの場合、1歳前後で寝たきりになり、若い年齢で死に至ります。

    対象犬種:柴犬

    対象猫種:コラット、シャム

  • コバラミン吸着障害(Cubilin 欠乏症)

    腸上皮での栄養素吸収がうまくできず、酵素を補うコバラミン(ビタミンB12)が欠乏することで、成長不良、貧血などを起こす疾患です。

    対象犬種:ビーグル

  • 先天性甲状腺機能低下症/クレチン症

    甲状腺ホルモンの不足により様々な症状が引き起こされます。元気喪失・低体温・体重の増加・寒さに弱くなるなどの症状がみられ、尾が脱毛する「ラットテイル」と呼ばれる典型的な皮膚症状が出ます。

  • プレカリクレイン欠乏症

    血液凝固系を構成する一因子であるプレカリクレインが欠乏することにより、内出血の他、下痢や体重減少など出血性疾患の典型的な症状が出ます。

    対象犬種:シー・ズー、シェットランド・シープドッグ

  • 高尿酸尿症

    食物に含まれるタンパク質を摂取後、体外に排出する際にうまく代謝ができず、尿路結石や痛風になったりする危険性が増大する疾患です。

    対象犬種:ポメラニアン、ラブラドール・レトリーバー、ミニチュア・シュナウザー、フレンチ・ブルドッグ、ジャック・ラッセル・テリア、ブルドッグ、ダルメシアン、ジャーマン・シェパード、オーストラリアン・シェパード

  • 第7因子欠乏症

    肝臓で作られるタンパク質の一種「第Ⅶ因子」が欠乏することにより、血液凝固が正常に行われなくなる疾患です。ケガをした傷口や手術後の出血が長引いたりします。

    対象犬種:ミニチュア・シュナウザー、ビーグル

  • 神経セロイドリポフスチン症(CL)

    脳内の老廃物を除去する機能に問題があり、蓄積してしまうことで神経障害を引き起こす病気です。蓄積が進むにつれて、脳のダメージは進行し、多くは3歳頃には死に至ります。

  • 肥大型心筋症(HCM)

    心臓の筋肉が内側に向かって厚く・硬くなる病気で、心不全や血栓による後ろ足の麻痺等により、突然死の原因となる事があります。病状が進行すると、頻脈、元気・食欲低下、呼吸困難などを認めることもあります。症状が出始める年齢は、3ヶ月齢~18歳と幅広いため、頻脈などの症状が出た場合はこの病気を疑う必要があります。

    対象猫種:アビシニアン、エジプシャン・マウ、ノルウェージャン・フォレスト・キャット、ベンガル、メイン・クーン

  • 猫の進行性網膜萎縮症(PRA)

    目の網膜が萎縮し、最終的には失明してしまう恐ろしい病気です。個体差がありますが、早い子で生後数ヶ月から視力が低下し始め、病状の進行はゆるやかなことが多いです。

    対象猫種:アビシニアン、アメリカン・カール、オシキャット、サイベリアン・フォレスト・キャット、シャム、シンガプーラ、ソマリ、トンキニーズ、ノルウェージャン・フォレスト・キャット、ベンガル、メイン・クーン、オリエンタル

  • 骨形成不全症

    全身の骨密度が低下し、非常に骨折しやすい状況になる疾患です。骨折すると癒合(ゆごう)も悪く、骨が曲がってしまうこともあります。

    対象犬種:ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、サモエド

  • 進行性網膜萎縮症(PRA)

    目の網膜が萎縮し、最終的には失明してしまう恐ろしい病気です。個体差がありますが、早い子で生後数ヶ月から視力が低下し始め、病状の進行はゆるやかなことが多いです。

    対象犬種:カニンヘン・ダックスフンド、ミニチュア ・ダックスフンド、チワワ、トイ・プードル、ヨークシャー・テリア、ラブラドール・レトリーバー、ミニチュア・シュナウザー、ゴールデン・レトリーバー、イングリッシュ・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル、ウェルシュ・コーギー・カーディガン、オールド・イングリッシュ・シープドッグ、プードル(スタンダード)、プードル(ミニチュア)

  • 多発性嚢胞腎

    早ければ生後1~2ヶ月齢から腎臓にいくつもの嚢胞(のうほう:液体がたまる袋)を作りはじめ、嚢胞の数と大きさが増すと正常な腎臓の機能が失われる病気です。重症例では5~7歳頃には慢性腎不全により死に至ります。

    対象猫種:アメリカン・ショートヘア、スコティッシュ・フォールド

  • ピルビン酸キナーゼ欠損症

    ピルビン酸キナーゼという酵素が無い事により、赤血球が破壊され、貧血を起こす病気です。生後2~3ヶ月齢から定期的に貧血を起こすため、成猫になるまで異常に気付かないことが多い病気です。元気・食欲低下を認める場合があり、死に至ることもある恐ろしい病気です。

    対象猫種:アビシニアン、ソマリ、ノルウェージャン・フォレスト・キャット、ベンガル

  • ムコ多糖症

    ムコ多糖とは、体のあらゆるところで水を蓄えておく機能を持つたんぱく質です。ムコ多糖症は、ムコ多糖を分解する機能が失われることで、体に蓄積し様々な異常をあらわします。骨や関節に蓄積しやすく、骨の変形や関節の脱臼などの症状が見られます。進行すると、脊髄を圧迫して麻痺症状が出ることもあります。

    対象猫種:ラグドール

閉じる

2017年11月17日更新
子犬・子猫掲載数:
3,003頭
掲載ペットショップ:
219店舗

アニコムパフェ株式会社

新着はこちら